「歯を白く、明るくしたい」という希望をかなえるためには、まず変色の原因は何かを知っておくことが大切です。

変色の改善には、原因に応じて正確に対処することが必要で、そのほうが時間も費用も節約できることになるからです。

変色の原因は、大きく「外因性」のものと「内因性」のものに分けられます。

くわしい原因の解明は専門家である歯科医が判断しますが、ある程度の予備知識を備えておけば、治療に対する恐怖心も半減するのではないでしょうか。

〈外因性の着色〉表面の汚れが歯を変色させている場合

日頃の「磨きの残し」

簡単にいえば、歯の表面にステイン(汚れ)が着いたもの。

専門的にいうなら、「エナメル質の表面に着色因子が付着した変色」を意味します。

これは歯の形や表面のぎらつき、日常のオーラル・ケアに大きく影響されます。

ですから、歯ブラシの届きにくい歯間の部分や歯と歯肉の境界付近に、外国性着色が多く見られることになります

喫煙や嗜好飲料のとりすぎ

喫煙やコーヒー・紅茶・コーラ・烏龍茶等の常飲により、若色される場合もあります。

着色の程度・質はこれら嗜好品の種類、摂取していた期間、頻度に直接影響を受けます。

これらの着色はプロフェッショナル・クリーニングなどを行うことで容易に除去できますが、ステインの再付着を招きやすいのも型実です。

前に対する有害な習慣という観点から可能な限りやめるよう、歯科医として忠告しなければなりません

〈内因性の変色〉エナメル質・象牙質自体の変化

歯の内部で起こっている変色

簡単にいえば、歯のエナメル質・象牙質自体が変化して色が不自然に見えることを意味します。

学問的な言い方をすると、「内因性変色は全身あるいは局所由来の原因により、歯の内部構造に起きた変色で、外国性のものより明瞭で歯冠全体に変色がみられるもの」といいます。

この内因性変色を影響を被った時期をもとに、二つに分けて簡単に説明しましょう。

【歯の形成過程で問題が生じた場合】

まず、歯ができていく過程で影響を被った場合は、歯列全体にわたりエナメル質・象牙質の質・量が変化したり、内部構造に色素が蓄積されて変色を起こします。

日本ではテトラサイクリンという抗生物質による変色が故も多くみられますが、これは一九六0年代に生まれた人々を中心に偏在するという特徴があります。

重度の場合は「ホワイトニング:歯の漂白」だけで改善することは困難で、変色の原因がテトラサイクリンによるものかどうかの判断は、その治療法や予後に大きく影響します。

その他の原因としては、エナメグ質形成不全症、フッ素沈着症、ミノサイクリンによる変色があります。

【歯科治療、外傷などが原因となっている場合】

つぎに、歯が生えてから影響を被った場合があります。

これは、歯髄・歯面から硬組織に着色因子が取り込まれるもので、一本の歯を単位として起こります。

最も身近な例として、歯科材料の金属修復物(アマルガム)の成分が溶出したものが多く、見えない内部のスチール・ピンや金属製支柱が原因となることもあります。

このような場合は、著しく黒ずんでいることが特徴で、「ホワイトニング:歯の漂白」では改善が困難なことが多く、歯科医をてこずらせます。

次いで多いものは、歯内療法(歯の神経を抜髄し、薬剤を充填する治療)を受けた場合があります。

神経が抜かれ、血液やリンパ液の補給路を失った歯一覧は徐々に変色してしまいます。

その他、転んで歯を打撲したことが原因となることや、特発性歯髄後退(原因ははっきりわからないが歯髄がなくなってしまうもの)によるものがあります

〈加齢にともなう変色〉年齢とともに黄ばみが強くなる

誰もが避けて通れぬ「加齢にともなう変色」もあります。

これは病的要素によるものではなく、年を取るにつれ、徐々に歯の色調が濃くなるもので、象牙質の厚昧が増し貰褐色が強くなると考えていただくとよいでしょう。

この変色は「ホワイトニング」の最適な症例で、驚くはどの効果が容易に得られ、見事に歯が若返ります。

黒ずみクリーム 比較