歯が変色してしまう原因を知っておこう

「歯を白く、明るくしたい」という希望をかなえるためには、まず変色の原因は何かを知っておくことが大切です。

変色の改善には、原因に応じて正確に対処することが必要で、そのほうが時間も費用も節約できることになるからです。

変色の原因は、大きく「外因性」のものと「内因性」のものに分けられます。

くわしい原因の解明は専門家である歯科医が判断しますが、ある程度の予備知識を備えておけば、治療に対する恐怖心も半減するのではないでしょうか。

〈外因性の着色〉表面の汚れが歯を変色させている場合

日頃の「磨きの残し」

簡単にいえば、歯の表面にステイン(汚れ)が着いたもの。

専門的にいうなら、「エナメル質の表面に着色因子が付着した変色」を意味します。

これは歯の形や表面のぎらつき、日常のオーラル・ケアに大きく影響されます。

ですから、歯ブラシの届きにくい歯間の部分や歯と歯肉の境界付近に、外国性着色が多く見られることになります

喫煙や嗜好飲料のとりすぎ

喫煙やコーヒー・紅茶・コーラ・烏龍茶等の常飲により、若色される場合もあります。

着色の程度・質はこれら嗜好品の種類、摂取していた期間、頻度に直接影響を受けます。

これらの着色はプロフェッショナル・クリーニングなどを行うことで容易に除去できますが、ステインの再付着を招きやすいのも型実です。

前に対する有害な習慣という観点から可能な限りやめるよう、歯科医として忠告しなければなりません

〈内因性の変色〉エナメル質・象牙質自体の変化

歯の内部で起こっている変色

簡単にいえば、歯のエナメル質・象牙質自体が変化して色が不自然に見えることを意味します。

学問的な言い方をすると、「内因性変色は全身あるいは局所由来の原因により、歯の内部構造に起きた変色で、外国性のものより明瞭で歯冠全体に変色がみられるもの」といいます。

この内因性変色を影響を被った時期をもとに、二つに分けて簡単に説明しましょう。

【歯の形成過程で問題が生じた場合】

まず、歯ができていく過程で影響を被った場合は、歯列全体にわたりエナメル質・象牙質の質・量が変化したり、内部構造に色素が蓄積されて変色を起こします。

日本ではテトラサイクリンという抗生物質による変色が故も多くみられますが、これは一九六0年代に生まれた人々を中心に偏在するという特徴があります。

重度の場合は「ホワイトニング:歯の漂白」だけで改善することは困難で、変色の原因がテトラサイクリンによるものかどうかの判断は、その治療法や予後に大きく影響します。

その他の原因としては、エナメグ質形成不全症、フッ素沈着症、ミノサイクリンによる変色があります。

【歯科治療、外傷などが原因となっている場合】

つぎに、歯が生えてから影響を被った場合があります。

これは、歯髄・歯面から硬組織に着色因子が取り込まれるもので、一本の歯を単位として起こります。

最も身近な例として、歯科材料の金属修復物(アマルガム)の成分が溶出したものが多く、見えない内部のスチール・ピンや金属製支柱が原因となることもあります。

このような場合は、著しく黒ずんでいることが特徴で、「ホワイトニング:歯の漂白」では改善が困難なことが多く、歯科医をてこずらせます。

次いで多いものは、歯内療法(歯の神経を抜髄し、薬剤を充填する治療)を受けた場合があります。

神経が抜かれ、血液やリンパ液の補給路を失った歯一覧は徐々に変色してしまいます。

その他、転んで歯を打撲したことが原因となることや、特発性歯髄後退(原因ははっきりわからないが歯髄がなくなってしまうもの)によるものがあります

〈加齢にともなう変色〉年齢とともに黄ばみが強くなる

誰もが避けて通れぬ「加齢にともなう変色」もあります。

これは病的要素によるものではなく、年を取るにつれ、徐々に歯の色調が濃くなるもので、象牙質の厚昧が増し貰褐色が強くなると考えていただくとよいでしょう。

この変色は「ホワイトニング」の最適な症例で、驚くはどの効果が容易に得られ、見事に歯が若返ります。

黒ずみクリーム 比較

歯の白さを決める「ガイドブック」と「シェードガイド」?

ガイドブック

ここでのガイドブックというのは、「間違いだらけの歯医者選び」とか「安心してかかれる歯科医百選」といった類の本ではありません。

アメリカで発行された、患者さん用の「歯のスタイルブック」のことです。

ヘアーサロンに置いてある「ヘアースタイル・ブック」の、デンタル・バージョンと考えてください。

知人の歯科医ウィリアム・ドーフマンのアイデアから出版され、パーフェクトな出来栄えから、いまだに追随するコピー商品は見あたりません。

黒人・白人・黄色人種そして老若男女、目を見張るほど歯のきれいなモデルたちが勢ぞろいしています。

このガイドブックは前歯の大きさ、一本一本の各歯の大きさの比率、歯並び全体、そして唇とのバランスがわかるように設定されています。

もし、自分の前歯を全体的に治したいなら、そこから希望する写真を選びだして歯科医に伝えればよいのです。

このたいへん便利なコミュニケーション・ツールは、日本にも輸入販売されていますので、熱心な審美歯科医の診療所には置いてあるかもしれません。

シェードガイド

歯の色は百人百線、実に個性豊かです。

毎日「歯の色」を見て仕事をしている歯科医でさえ、具体的に色調の基準となる「色見本」がなければ、セラミックスで前歯を製作する際など困ってしまいます。

そこで「シェードガイド」という「歯専用の色見本」をもとに、作業を進めます(歯の色(色調)のことを専門用語では「シェード」と呼んでいます)。

具体的には「Vitaシェードガイド」という「歯専用の色見本」が世界中で最も普及しており、どこの診療所にも必す一つはあります。

「ホワイトニング:歯の漂白」その他の治療で歯の色調を改善する際にも、これを流用することになるでしょう。

ただし、この「Vitaシェードガイド」は色相(目に感じた色の種類)で分類されています。

「歯の漂白」を行う場合は、明度(明るさの度合い)を基準にしますので、明度を基準にそれを並べ替えた「漂白治療専用シェードガイド」として代用させます。

実際にこの「シェードガイド」を、明度の高い順に並べ替えるとBl、Al、BE、DE、AE、cl、CE、D4、A3、D3、B3、A3・5、B4、C3、A4、C4という順序になります。

口元の美しさで顔の印象がまったく違ってみえる

ノーメイクでも口元が美しければ、相手に良い印象を与えることができます。

明るく魅力的な「スマイル」ができるようになれば、心も自然にリラックスし、すべてに自信も湧いてくることでしょう。

自分の希望する色が「美しい歯の色」

歯の表面はエナメル質で覆われ、その中に象牙質、歯髄があります。

歯の表面についた汚れなどによる着色でないかぎり、歯の色は、すなわちエナメル質や象牙質自体のもつ色ということになります。

私たち歯科医が学生の頃、人種によって、あるいは年齢・髪の毛の色・目の色・皮膚の色などの要因により、だいたい歯の色は決定されると歯科大学で教えられてきました。

今でも相変わらず、そのように教えていると思います。

たとえば入れ歯の人工歯を選ぶ場合には、それらを基準に色を選ぶようなシステムが採用されています。

統計学的に見れば、確かにその選択法は適当といえるかもしれません。

実際、今までは「歯の色は生まれつきで固有のもの」という概念で、歯科医が「この人に対してはこの色」というように決定し、歯の色調を選択してきました。

もちろん、ある程度の希望は聞きとどけてくれましたが、「もっと白い歯を」と希望する患者が、説得されて妥協することもありました。

しかしよく考えてみると、あくまでもこれは統計です。

色調にはばらつきがあり、当然、個人差もあることになります。

同じような条件の人を二人ならべた場合に、同じ歯の色調をしている確率が高いというだけで、まったく同じという訳ではないのです。

明るい色調の人もいれば、暗い色調の人もいます。

「この色でなくてはいけない」という公式はありません。

ですから、あまり違和感を生じない程度に、本人の希望する色に歯の色調を変えることは、おかしいことではない、と私は考えています。

現代は、髪の色はもちろん、カラー・コンタクトレンズを装着すれば目の色でさえ自分の好きな色に変えてしまえる時代です。

「歯の色をもっと白く明るく変えたい」という希望に対して、「あなたの場合はこの色」と歯科医が決めてしまうのは、少し時代錯誤かもしれません。

頭を切り替える必要があるのは、私たち歯科医のほうだと、私は思っています。

生まれつきの歯の色調が自分の好みでなかったり、何らかの原因で変色してしまった場合には、「ホワイトニング…歯の漂白」や、その他の方法で処理すれば、変えることが可能です。

歯並びも歯の色を左右する

歯並びが悪いと、実際にはバランスの良い歯の色調であったとしても、少し距離をおいて見た場合に、奥に引っ込んだ歯だけが黒ずんで汚れたように見えます。

メイクアップで自分の顔に立体感を与えたい場合に、高く見せたい部分に明るいハイライトを、低く見せたい部分にはシャドーを、とコントラストを付けます。

その使い分けと同じ原理が口元にも作用するので、歯並びも歯の色と密接な関係にあります。

「審美歯科」とは

「歯の色や形を整えて、美しい口元にする」のは「審美歯科」の仕事です。

審美歯科ではどのような治療が行われているのか、ここで簡単にまとめておきましょう。

「美しさ」の回復を可能にした「審美歯科」

歴史を振り返ると、歯科医の主な仕事は、ムシ歯の治療や義歯の作製など、痛みをとることや噛めるように身体機能を回復させることでした。

そして、過去においては不可能と思い込まれ、人々の頭から忘却されていたのが「美観を損なわず、自然に見えるように歯を治す」ことだったのです。

まして、「歯の色や形、全体のバランスを整えて、美しい口元にする」ことなど、考えもつかなかったことです。

しかし、この十数年の歯科医学の目ざましい発達に伴い、これまでなおざりにされていた「審美的治療」が実現できるようになりました。

治療技術の進歩、そして「審美歯科」の出現は、自分自身の痛みや不快感という砕を越え、他人の目に映る自分、つまり他人の感覚すらも治療目的の一部に変えてしまったといえます。

「審美歯科」では、とくに「天然歯の色調をもつ修復材料」と「ホワイトニング…歯の漂白」が応用され、審美性の回復を可能にしています。

ただし、正直なところこの審美的治療にはデリケートなまでにセンスの良さが要求されますので、残念ながら、どの診療所でも行えるという訳にはいかないようです。

歯並びを治す「歯列矯正」も審美性の回復に貢献していますので、大きな範疇としては「審美歯科」に含まれますが、「歯列矯正」はそれ自身で「歯科矯正学」という独立したカテゴリーになっていますので、ここでは、くわしくふれません。

歯並びも重要!歯列矯正の重要性

「歯の美しさ」はボーダー・レス時代の基本

欧米人とりわけアメリカ人・カナダ人にとって、美しい歯は大切な身だしなみの一部であり、知性の象徴といっても過言ではないようです。

日常のオーラル・ケアを大切にし、定期的なチェックとクリーニングのために歯科医院へ通うのが一般的です。

自分自身の魅力を磨く

ご存じの方も多いと思いますが、アメリカではたくさんの子どもたちが歯列矯正をしています。

中流以上の生前レベルの家では、歯列矯正をすることが半ば常識化しているようです。

彼らにとって歯並びを整えておくことは、車の運転を覚えることと同じ感覚の、大人になる前の通過儀礼のようなものでしかありません。

また、あまり裕福でない人たちにとってはステイタスになっています。

アメリカに大きく劣る日本

日本でも、以前よりはポピュラーになっている歯列矯正ですが、目立たない「歯の裏側矯正」が注目されているようでは、まだまだといえる段階なのでしょう。

日本では、いまだに「ブランド物」の威力が強いようです。

自分が持っている品物、たとえばへンリー・ベンデルで買ったドレス・スーツを着ることが「自己表現」であったり、あるいはエルメスのケリー・バッグとブルガリのジュエリーを持つことが「個性の主張」であったりします。

しかし、欧米ではそれよりも自分自身の美しきや能力の主張が重要であり、しかも、それをいかに素早く相手に伝えるかが重要なポイントなのです。

長い間、自己主張を抑制されていた日本人とは大きな文化の隔たりがあるので、同列に考えて批判するつもりはありませんが、今はボーダー・レスといわれる時代です。

そして日本もこれから欧米型文化との接点が、さらに多くなります。

また、日本人はバイリンガルにこだわるわりには英語が不得意ですが、歯並びが悪いと英語が発音しづらいことをご存じですか?

英語は子音が主体といえるほどに多用されている言語で、「sh」「s」あるいは「t」と「th」などの発音は微妙な歯と舌の使い分けが必須です。

その点、母音が主体の日本語とは言語体系が違うので、日本語では気にも留めなかった歯並びが、発音にまで大きく影響しているのです。

ボーダー・レスの時代には、さまざまな言語や価値観が身近に存在します。

そこで必要なのは「自分自身を磨くこと」です。

そのファースト・ステップとして、まず「白く輝く、きれいな歯並び」にしてはいかがでしょうか?

アメリカで生まれた「審美歯科」

「審美歯科」という言葉をご存じですか?

これは’COSMETIC DENTISTRY”あるいは”ESTHETIC DENTISTRY”を和訳したもので、「小麦色の肌と白い歯」がステイタスとされる国、アメリカで誕生した歯科分野です。

審美歯科の目的は「見た目を自然に美しく治療する」こと。

「白く、盤った歯並びになりたい」という夢を叶えるのは、「審美歯科」のテクニックを熱知した歯科医です。

北米五OO万人以上が体験した「歯の漂白」

世界有数の多民族国家アメリカでは、実生活上、言葉以外にあらゆる人種に共通する何らかの友好のサインが不可欠です。

それが「スマイル」であり、そのサインは「白い歯」でさらに強調されることになります。

「審美歯科」という概念は、「輝くばかりの白い歯と、スマイル」の重要性がしっかり認識されている国、アメリカで誕生しました。

大学の研究室から生まれたものではなく、患者の要望に応えた開業医たちによる知識の集大成といえるでしょう。

人々のニーズによって生み出されたこの「審美歯科」が、圧倒的に支持されているのは当然のことかもしれません。

スーパー・モデルといわれる女性たちは無論のこと、無名に近いタレントまでが、一人残らず白く美しい歯で、魅力をふりまいています。

現在アメリカで発行されている人気雑誌のなどには、歯を美しくするための記事が頻繁に掲載され、そのコーナーは審美歯科医の独壇場といえるほどです。

一般の人々の歯に関する意識はかなり高く、「スーパー・ナチュラル」といわれる笑顔が求められています。

現在のアメリカはブランド物がステイタス・シンボルという時代が終罵し、「いかに健康であり、それを維持できる生活環境にあるか」が、ステイタスとなる時代に突入しています。

それは世界一富める国として、豊富な資源と物資を消費し尽くした末の結論かもしれません。

また、人間性の評価として、誘惑をはねのける知性と意志の力が重要視されています。

そうした社会環境では「健康で若々しく見えること」が好印象につながります。

口元に関しては「白い歯と、歯並びの良さ」イコール「育ちの良さ」と見なされ、逆に歯が変色していたり歯並びが悪い人は、受け入れがたい人物と判断されてしまうのです。

その証拠に、一般の診療所で「ホワイトニング:歯の漂白」が開始され、わずか五年で北米の五OO万人以上がこの治療を経験したそうです。

アメりカでは人口の八O%(一八歳以上)にムシ歯がないという統計があり、歯科医は審美歯科の治療法を習得しなければ、診療所の経営にも支障をきたすと
いわれるほEです。

日本人と「白い歯」「歯並び」

わが国の状況を見てみましょう。

現在の日本歯科医師会は、「八O二O」を標語にキャンペーンを展開している最中です。

「八O歳になったとき、自分の歯が二O本は残るように口腔管理をしましょう」という意味で、時折新聞にもCMとして掲載されています。

いまだに日本では「ムシ歯の治療や歯槽膿漏を、早めに治療なさい」という趣旨の運動が必要だからです。

ちなみに、ADA(米国歯科医師会)の標語は「スマイルアメリカ」。

アメリカと日本のレベルの違いをまざまざと感じさせられます。

日本人は欧米人と比較すると「スマイル」に対する関心が薄く、自信も感じられません。

その原因は「口元」にあります。

欧米の歯科医たちは冗談めかして、「こんなにたくさん患者がいるのだから、日本の歯科医は大金持ちだろう」と言います(実際は比較にならぬほど彼らのほうが裕福なのですが…)。

日本人の多くは「口元の美しき」、「輝くばかりの白い歯」の魅力に目を閉じているように思えてならないのです。

少なくとも社会現象の起きる一九九六年までは、そうとしか思えぬ状況でした。

しかし、汚れて黒ずんだ歯や歯並びの悪さは、知らず知らずのうちに笑顔をくもらせ、コンプレックスを生み出すことさえあります。

「輝くばかりの白い歯」その美しさの謎

歯の美しさとはいったい何を意味するのでしょうか。

また、人に何を感じさせるのでしょうか。

歯に関連した記事や書物では「明降倍歯(澄んだ瞳と白い歯:美人の条件といわれる)」という言葉を引用し、理想的な口腔内の状態、あるいはそれに関連した人間の心理を解説するのが定石のようです。

つまりは「白く美しい歯は、他人に対する印象を決定づける重要な要素のひとつであり、可能ならそうなりたいと誰しも感じている健康と美の象徴」と結論づけているだけのことです。

しかし、ここでは”書き顧”さえ重量しい四字勲語の引用ではなく、人類学的な見地から「続くばかりの白い歯」のもつ意昧について考えてみましょう。

「歯」は生命力の象徴

人間の歯は唇とともに、切り裂く・噛み砕くという咀しゃく機能、そして発音・発声・表情の一部というコミュニケーション機能を担っています。

身体の一部として口の果たす役割は多く、ヨーロッパでは「口は顔の戦場」といわれるほです。

一方、動物の歯は咀しゃくのためだけでなく、感覚器官の一部あるいは敵と闘う武器として、また獲物を捕らえる際に不可欠です。

歯の存在は、生きるための道具としての意味合いのほうが大きいといえます。

野生の動物が歯を失うことは、即「死」に直結する大問題です。

動物社会には歯医者もいないし、養護施設も存在しません。

ですから、「白く立派な歯」は強い生命力の象徴として、その存在が誇示されることになるのです。

しかし、人間の口は動物のような感覚器官としての機能を失って久しく、口で未知の物を確認するという行動は赤ん坊だけで、普通は手あるいは指先の触覚により判別します。

ですから、人間の歯や口は感覚器官としてよりら、他人に対する印象づけ、生命力や知性の表現という役割のほうが重要だといえるでしょう。

それに付随して、男性は角張った歯で還しさや力強き、女性は丸みを帯びた歯で優しさといった性的要素をも示し、口元はセックスアピールの重要な一部分になっています。

動物はアピールが重要

自然淘汰と突然変異の積み重ねにより進化してきた生命体、そのDNAには常に他よりも長けた強い個体を捜し求める能力が先天的にインプットされています。

たとえばニューギニアに生息する極楽鳥の例をみてみましょう。

雄鳥は求愛の激しいダンスで有りあまる体力と敏捷さを表現し、雌鳥は優れた雄だと認めれば受け入れます。

保護色を有することも、武器もないこの種を絶滅させぬよう、天敵から身を守るには体力と敏捷さが必要だからこそ、より優れた相手とペアになるのです。

これは極楽鳥が思考した末の結論でも慣習でもなく、種の発生以来DNAにインプッ卜されている情報の一部といえます。

人類は一OO万年を超える進化の過程で、常により強靭な肉体、より高い知能、十分なエネルギーを子孫に伝えることにより、地球上で最強の生命体となりました。

やはり、そのDNAには、より優れた異性を感知するセンサー、それも飛び切り性能のよいセンサーを身体にセットさせるべく情報がインプットされていま
す。

この機能により、身体の各部分が相手に送る基本的な信号を直感により選別するのであり、分析に基づく訳ではありません。

つまり、「美しい歯への礼賛」は人間としての優秀ちを尊重することにほかならず、無意識に人類が「より良い子孫」を残そうとする自然の仕組みが、端的に現れたものだといえるでしょう。

歯に対する価値観は画一化の方向ヘ

歴史的な視野から「白い歯への憧れ」をとらえると、それは近代になり突然脚光を浴びはじめた社会現象ではありません。

紀元前3世紀の古代ギリシャでは、テオフラスタスという人が当時の美徳について「髭を頻繁に剃ること、歯が白いこと」と書き残しています。

また、イスラム教の創設者マホメットは、予言警の中で「口の中をきれいにしなさい。それはとりもなおさず神を讃えることである」と語ったとされています。

西ヨーロッパでは、旧世紀にフランスの外科医ギ・ド・ショウリャクが歯の磨き方についての記述を残しています。

近代になり、西欧で「輝くばかりの白い歯」が常に美の象徴として尊重されたのに対し、異文化のもとでは歯に関する価値観も異なっていました。

たとえば、最近は観光地として人気が高まっているバリ島では、大人になりたての若者の犬歯の尖端を削って、平らにする習慣がありました。

また一八O度反対の思考文化から、アフリカ・東南アジア・南北アメリカにおいては、尖った犬歯を強調するために前歯を抜く習慣がありました。

あるいは歯にやすりをかけて尖らせる方法で、口元を威嚇的な野獣のように加工することも行われていました。

しかし現在は、交通手段が格段に便利になったり、テレビ等で簡単に情報が得られることにより、その地方固有の風習は薄れてしまい、「近代化」の名のもとに画一的な西欧化が進みつつあります。

そして今や、微笑んだときに見られるきれいに並んだ白い歯は、世界各国どこでも共通の憧れとなっています。

何で白い歯ブームは始まった?いつから?

「白い歯」への憧れが社会現象に

最近、にわかに注目を浴びるようになってきた「白い歯」。

歯の白さへの関心は「自分自身を磨いて光らせる」時代の到来を告げているのでしょうか…

「白い歯」願望に火がついた!?

一九九六年、にわかに「白い歯」がスポットライトを浴びはじめました。

それは社会現象といえるほどで、日本の文化史上ここまで「歯を白く」することに関心が及んだ記録は、存在しません。

日本人は身だしなみに気を遣う民族ですが、「お歯黒」の伝統に影響されたためか、歯に関することには無頓着でした。

しかし生活や文化習慣の西欧化につれ、「白く美しい歯」に対する願望が潜在的に広まっていたのでしょう。

最近の「白い歯」ブームは、隠れていた願望が一気に顕在化したものと思われます。

朝日新聞は「白い歯願望に歯科医戸惑い」というタイトルで、「白い歯になりたいブーム」をとりあげました(九六年七月二六日付朝刊)。

その記事には「それが社会現象にまで高まりつつある」ことと、それに相反する「病気なら治すが」あるいは「そもそも真っ白ではない」という従来のコンセプトにしがみついたような歯科医の意見が掲載されていました。

また、消費者の目で生活用品をテストし、手堅いことで知られる雑誌「暮しの手帖」も、「薬用アパタイトは歯を白くするか」というタイトルの記事を掲載しています(九六年十、十一月号)。

「CMがオーバーだとわかっていても、つい白い歯に憧れてしまう心理を巧みについています」とのコメントからは、「白い歯願望」がごく一般的なものであることがうかがい知れます。

この人気は「芸能人は歯が命」から始まった

琴星のごとく登場したこの現象、「芸能人は歯が命」というアパガードのCMが火をつけた、といっても過言ではありません。

そして実際に、ブラウン管に登場する売れ筋のタレントたちは、「白い歯」で誇らしげに微笑みかけてきます。

現在、テレビによく登場する日本人で薄汚れた歯の持ち主は、政治家諸氏と数十年前に作られた映画の登場人物くらいでしょう。

機会があれば当時の女優さんたちの歯に着目してください。

画像処理の問題とは無関係に、現在活躍するタレントさんの口元とは歴然と差があります。(余談ですが、大物を目指して清濁併せ呑むことに余念のない政治家が、歯まで黒ずんでしまうのは、職業病なのでしょうか)

社会が成熟し生活が豊かになるにつれ、歯科治療に対する患者の要求も変化してくるのが当然です。

この現象は、ブランド志向、グルメブームも去り、「他人にアピールするには自分自身を磨いて光らせる」時代が到来するという前兆なのかもしれません。